02 製品情報|PRODUCT

機能性素材の企画製造

製品構成

PRODUCT LINE UP

西田技研の製品構成は、機能性複合材料と熱可塑性エラストマーから成り立ちます。
コンパウンドの企画開発を基点とし、様々な業界に向けて、機能性素材を設計・提供しております。

主力製品構成

機能性複合材料
COMPOSITE MATERIAL
製品詳細
熱可塑性エラストマー
THERMOPLASTIC ELASTOMER
製品詳細
標準グレード 炭カルMB、酸化チタンMB、
タルクMB、生石灰MBほか
TPS
(スチレン系エラストマー)
TPO
(オレフィン系エラストマー)
カスタマイズ
カスタマイズ複合材料とエラストマーの混練など
物性、意匠、機能、用途にあわせてご提案
研究開発製品
研究開発製品新しい特性や機能を持った製品を開発

主なマーケット

  • 自動車内外装材
  • ヘルスケア
  • スポーツ資材
  • 生活用品
  • 食品パック
  • 建築資材

機能性複合材料

COMPOSITE MATERIAL

高充填マスターバッチ

HIGHLY-FILLED MASTER BATCH

基本構成
  • ベース樹脂
    PE、PP、PS、TPU、再生樹脂など
  • 高充填
  • フィラー
    炭酸カルシウム、タルク、酸化チタン、生石灰など
ご希望の素材を、ムラなく高充填

各種フィラーを使用した高充填マスターバッチを製造します。高い順応性を持ち、建材やプラスチック加工品など幅広い用途に応えます。バインダーとなる樹脂を任意で選択して頂き、用途に合わせて物性を調整し供給します。

特殊混練機を使用して製造されたムラのない高濃度マスターバッチ(~85%)は、高い順応性と品質安定性を誇ります。国内外問わず、自動車内外装材や住宅用建材、パッケージングなど、様々な用途に採用されてきました。強度・流動性などの物性や、難燃性・遮音性などの機能性を持った複合材料を用途にあわせて提案します。

  • 高充填マスターバッチの特徴
  • 高い順応性を持った高濃度マスターバッチ(~85%)
  • ご希望のベース樹脂および充填材を選択し、物性を調整
  • ベース樹脂に再生原料を使用することで低コスト化
データシートPDFを開く

高充填マスターバッチの用途・特性

使用フィラー 用途 マスターバッチ濃度 ベース樹脂
炭酸カルシウムマスターバッチ
「MBNシリーズ」
合成紙、吸水シート(オムツ)、
マンホール、車両用防音シート
30%~85% PP、PE
タルクマスターバッチ
「MBTシリーズ」
建材、日用雑貨 30%~80% PP、PS、ABS
酸化チタンマスターバッチ 食品トレイ 60%~70% PP、PE、PS
生石灰マスターバッチ 水分除去剤、メヤニ防止剤 50% PE
*この表は横スクロールに対応しています。

  • 自動車部品
  • フィルム
  • 吸収シート
  • 事務用機器
  • 衛生用品
  • 食品トレー

MBNシリーズ|炭酸カルシウムマスターバッチ

すべてのプラスチック素材の代替材料として

基本構成
  • ベース樹脂
    PE
  • 高充填
  • フィラー
    炭酸カルシウム

MBNシリーズ汎用グレードデータシート

製品名ベース樹脂フィラー濃度比重概要マーケット荷姿
MBN85LKPE85%1.9石油樹脂の置換材。サスティナビリティの向上、価格競争力日用品、建材、自動車部品25kg、1tフレコン
MBN80MZPE80%1.8強度UP、加工性向上食品トレイ、カーペットバッキング25kg、1tフレコン
MBN80SSPE80%1.8高質感、微粒フィラー高分散、各種フィルムのサスティナビリティ向上合成紙、各種フィルム25kg、1tフレコン
*この表は横スクロールに対応しています。

MBTシリーズ|タルクマスターバッチ

ポリオレフィンの機能性向上のために

基本構成
  • ベース樹脂
    PP、リサイクルPP
  • 高充填
  • フィラー
    タルク

MBTシリーズ汎用グレードデータシート

製品名ベース樹脂フィラー濃度概要
MBT0880GPP80%ライトグレー汎用80%品、ポリオレフィンの耐熱性、剛性UP
MBT0870WPP70%ホワイト汎用70%品、ポリオレフィンの耐熱性、剛性UP、高分散性
MBT0570WPP70%ホワイト卓越した高剛性、高性能、高付加価値、高分散性
MBT1670BリサイクルPP70%ブラックコスト競争力、サスティナビリティの向上、高分散性
*この表は横スクロールに対応しています。
高充填マスターバッチのデータシートダウンロードはこちらからPDFを開く
高充填マスターバッチへのお問い合わせはこちらからお問い合わせフォームへ
上記カタロググレード以外にも、カスタマイズにてご要望にお応えします。カスタマイズグレードについて

熱可塑性エラストマー「FULXUS®」

THERMOPLASTIC ELASTOMERS "FULXUS"

スチレン系エラストマー

STYRENE ELASTOMER

幅広い硬度調整に対応。様々な材料とも相性が良く、軽量で汎用性の高い素材。

基本構成
  • SEBS
    スチレン・エチレン・ブチレン・スチレン共重合体
  • PP
    ポリプロピレン
  • 可塑剤
    パラフィン・ナフテン系プロセスオイル
一般的なスチレン系エラストマー

SEBSとPP、可塑剤からなるシンプルな配合で生成される軟質グレード。硬度A10~90以上のものまであらゆる用途に対応することが可能。特徴として、優れたゴム弾性と拡張力を有し、耐寒性、耐熱劣化、耐候性に優れています。無色の為自由に着色ができ、明彩色に最適で、加硫ゴムに比べ軽量化が図れます。

  • スチレン系エラストマーの特徴
  • 他素材との接着性も高く、加工にも幅広く対応
  • グリップ性能が高く、スポーツ・日用品に最適
  • 同一グレードに対し数種類の比重調整が可能
  • 発色性が良く、手触りも滑らか
データシートPDFを開く

スチレン系エラストマーの用途

  • 自動車部品
  • 各種グリップ
  • 事務用機器
  • 点字ブロック
  • 靴底
  • パッキン

スチレン系エラストマーラインアップ

FX-Kシリーズ超高分子SEBSポリマーを使用することにより、標準グレードよりも強い機械的物性を有しており、引張強度・伸びに優れます。
FX-Vシリーズ独自配合により、手に触れた時の質感の良さを重視したグレードです。物性的には標準グレードと同程度ですが、従来のスチレン系エラストマーにない、さらりとした質感のコンパウンドです。
FX-GシリーズFX-Vシリーズとは対極に位置するグリップ力に特化したグレードです。手に吸い付くようなベタつきがあり、滑り止めなどに適しています。
FX-BONシリーズ各樹脂との接着性に特化したグレードです。PP・PS・ABSなどそれぞれに合わせた配合によって高い接着性を持ちます。
FX-SBシリーズベースとなる樹脂をSEBSからSBSに変更することによって低コスト化することが出来ます。ただし、耐候性が低い為、屋外用途には向きません。
FX-TAシリーズテープとの接着性に特化したグレードです。スチレン系のエラストマーは意外とテープとの接着性が悪く、FX-TAシリーズはテープとの接着性を改善したグレードとなります。

スチレン系エラストマーデータシート

FX-140FX-K140FX-V140FX-G140
硬度40404040
MFR g/10min(190℃5.0kg)1111820
引張強度 MPa512.54.56.5
伸び率 %1000100010001000
100%モジュラス MPa0.60.750.550.8
*この表は横スクロールに対応しています。
スチレン系エラストマーのデータシートダウンロードはこちらからPDFを開く
スチレン系エラストマーへのお問い合わせはこちらからお問い合わせフォームへ
上記カタロググレード以外にも、カスタマイズにてご要望にお応えします。カスタマイズグレードについて

オレフィン系エラストマー

OLEFIN ELASTOMER

質感の表現力に富み、優れた意匠性を発揮。耐候性、耐薬品性も備えた高機能素材。

基本構成
  • EPDM
    エチレンプロピレンゴム
  • 複合化
  • PP
    ポリプロピレン
有機過酸化物で動的架橋

PP中にEPDMを微分散し、有機過酸化物で動的架橋させたオレフィン系エラストマーです。EPDMは部分あるいは完全架橋しています。

高級感のある艶消し感、絹のようなさらりとした質感を持つ意匠性に優れた商品を提供いたします。一般のゴム製品と同程度のゴム弾性を持ち、熱可塑性樹脂と同じ加工法で成形が可能です。TPOシリーズ及びオレフィン系樹脂とのブレンドが可能でゴム的性質から樹脂的性質までの製品が得られます。また、リサイクル使用が可能です。

艶消し感や手触りの良さを利用して、日常生活において肌に触れることの多い箇所に幅広く使用されています。

  • オレフィン系エラストマーの特徴
  • 低密度の為、製品の軽量化が可能(0.88~0.89)
  • 耐候性、耐薬品性、耐熱性に優れる
  • 押出・射出ともに成型性が良好
  • 視覚・触覚に特化し、優れた質感とマット感を表現
データシートPDFを開く

オレフィン系エラストマーの用途

  • 自動車部品
  • ゴルフグリップ
  • ドライバー
  • オフィスチェア
  • フィルム
  • チューブ

オレフィン系エラストマーラインアップ

FX-TPO-Jシリーズ【部分架橋タイプ】 オレフィン系標準グレード。架橋度を調整し、加工性と耐熱性のバランスを調整したタイプ。
FX-TPVシリーズ【完全架橋タイプ】 EPDMを完全架橋させることによってゴム的性質を強化したグレードです。FX-TPO-Jシリーズより機械的強度に優れますが、伸び率は低めです。

オレフィン系エラストマーデータシート

FX-TPO-J160FX-TPV190
硬度6090
MFR g/10min(230℃5.0kg)3040
引張強度 MPa4.510
伸び率 %650450
100%モジュラス MPa2.06.0
*この表は横スクロールに対応しています。
オレフィン系エラストマーのデータシートダウンロードはこちらからPDFを開く
オレフィン系エラストマーへのお問い合わせはこちらからお問い合わせフォームへ
上記カタロググレード以外にも、カスタマイズにてご要望にお応えします。カスタマイズグレードについて

上記以外にも、ポリエステル系、アクリル系、ウレタン系など、
各種エラストマーもご提案いたします。
詳細につきましては、お問い合わせください。

カスタマイズグレード

CUSTOMIZE GRADE

カスタマイズ

CUSTOMIZE MATERIAL

試作と検証を繰り返し素材の価値を最大限まで引き出す

西田技研のカスタマイズは、物性の調整や機能の付加だけに留まりません。例えば、同じお客様、同じ製品であっても、使用する工場の機械や条件を検証し、環境にあわせて調整します。このようなきめ細やかな対応が、機能性のみでなく、素材安定性を高め、材料としての価値を満たすと考えます。

また、外注・分業を行わず、社内一貫生産体制を敷き、製品の品質とコスト競争力を高めています。すべて自社で行うことにより、無駄を徹底的に排除し、より深くお客様のご要望に耳を傾けることができます。数kg単位の試作を繰り返し、問題点を明確にすることが、満足度の高い製品提供につながると考えます。

  • 1.ヒアリング
  • 2.分析・設計
  • 3.試作
    試作 検証
  • 4.量産
  • 5.検査
  • 6.納品

西田技研のワークフロー

カスタマイズの例

機能付与比重、硬度、伸び率などの物性だけでなく、耐候性や接着性など機能性を付与します。
コスト非ヴァージン素材や再生材料を利用し、品質を損なうことなくコスト削減を提案します。
安定性使用環境にあわせて物性を調整し、歩留まり率を改善、素材の安定性を高めます。
機能性素材のカスタマイズへのお問い合わせはこちらからお問い合わせフォームへ

物性・機能性付与

ADDING FUNCTIONALITY

「求める素材」を実現

機能性複合材料や熱可塑性エラストマーのすべてのグレードに対し、物性や意匠性、機能性をカスタマイズ。お客様の要望に沿った機能性素材を開発、提供します。ファイナルコンパウンド化することにより、作業効率の向上、生産の安定が見込めます。

  • 物性
  • 比重
  • 引張強度
  • 硬度
  • 伸び率
  • 流動性
  • 意匠
  • 調色
  • 光沢
  • 質感
  • 透明度
  • 成形性
  • 耐性
  • 耐候性
  • 耐熱性
  • 耐薬性
  • 耐油性
  • 難燃性
  • 性能
  • 接着性
  • 吸水性
  • 熱伝達性
  • 制振性
  • 導電性

上記特性以外にも、特殊機能を持った素材の研究開発に取り組んでおります。

特殊機能素材のご紹介


コスト調整

COST ADJUSTMENT

最適な材料を最適な配合で

限りなくある材料の組み合わせの中から、求められる要件に対する最適解を提案いたします。試作と検証を繰り返し、実際にご利用いただきながら精度を高めることで、安定した素材の供給につなげます。

再生材料を高品質材料に

西田技研では、コスト調整の方法として、リサイクル材料の利用を提案いたします。通常、リサイクル材料の利用は、バージン材料と比較して品質の劣化が懸念されますが、西田技研独自のノウハウにより品質を損なうことなくご利用いただける素材を配合いたします。


安定性向上

STABILITY IMPROVEMENT

「素材による問題」を解決。

「できない」を「できる」に変える西田技研の素材設計力

西田技研はカスタマイズにおいて、物性や機能性の調整のみでなく、素材の安定性を高めることにも注力してきました。単に物性上の数字だけで判断するのではなく、使用設備や環境にあわせて細微な調整を重ねることにより、最適な素材開発が実現します。

事例1
歩留まり率を劇的に改善

顧客からの課題
他社材料では歩留まり率が40%程度、量産時にさらに悪化。
解決方法
分析・試作を繰り返しながら、不安定となる要素を排除。さらに各工場の設備にあわせた調整を行い、安定性を劇的に改善。

事例2
原価削減と工程簡略化

顧客からの課題
二種類の他社材料を自社工場でブレンドしていたが、成形時に不安定に。
解決方法
要望とする機能・特性を持った材料の一本化に成功。材料原価の削減だけでなく、不要なライン工程を排除。
機能性素材のカスタマイズへのお問い合わせはこちらからお問い合わせフォームへ